原子力事故放射能漏れ避難用・作業用

放射能事故は原子力発電所・核燃料施設や放射線を取扱う(病院・大学や民間研究機関)においても起こりうる危険をもっています。

放射能防護服は、放射能漏れ事故直後に襲ってくる放射性粉塵による人体への
外部被曝及び体内被曝から、あなたとあなたの家族、住民 職場の方々を守ります。
防護服を着装し、「早急に発生源から少しでも遠く」へ避難することが必要です。
(屋内退避は良い結果を生みません)
無防備による、被曝後遺症やガン、白血病、生殖機能異常、そして死。
これらすべてを自分自身で防がねばならないのです。

放射性汚染防護用保護具(低レベル用)

商品番号:S-1B

1.
防塵マスク (半面マスク)
2.
マスク用フィルター (放射性粉塵+粉塵+疸素菌)
3.
ゴーグル (密閉型)
4.
防護服 (簡易防護服) フード付 (耐水圧1000mA)
5.
綿手袋
6.
汚染防護ゴム手袋
7.
シューズカバー
8.
ケミカルテープ

セット価格¥19,954(税込) 【在庫あり】

送料・代引き手数料 ¥1,500

注文ページへ
放射性汚染防護用保護具(低レベル用)

放射性汚染防護用保護具(中レベル用)

商品番号:S-2B

1.
防塵マスク (全面マスク)
2.
マスク用フィルター (放射性粉塵+粉塵+疸素菌)
3.
防護服 (簡易防護服) フード付 (耐水圧1000mA)
4.
綿手袋
5.
汚染防護ゴム手袋
6.
シューズカバー
7.
ケミカルテープ

セット価格¥23,842(税込) 【在庫あり】

送料・代引き手数料 ¥1,500

注文ページへ
放射性汚染防護用保護具(中レベル用)

放射線防護用手袋

商品番号:X-3

X線、γ線の被曝防止用手袋です。

濃度の高い土壌を触らなければならない方や、手からの被ばくが心配の方に。綿手袋を下につけてからご利用されるのがより安全です。
手に傷がある場合、傷口からの放射能汚染が危険です。こちらの手袋を使用することで、傷口からの汚染を防ぎます。
普通の手袋より1サイズ大きい物をご使用ください。
ゴム厚は、わずか0.2~0.3mmの薄さで、細かい作業も可能です。
滅菌済

価格¥17,280(税込) 【在庫あり】

送料・代引き手数料 ¥1,500

注文ページへ
放射性汚染防護用保護具(中レベル用)
サイズ 中指長さ 掌部の幅 最小全長 入数 価格
7 74±5 88±5 280mm 1双 ¥17,280(税込)
7.5 76±5 94±5 290mm
8 78±5 100±5
8.5 80±5 106±5 300mm
9 82±5 112±5

雨天用アノラックスーツ

商品番号:OP-A

PVC フード付ジャケット+ズボン
(写真はS-2の上にアノラックを着た状態です)

価格 Lサイズ¥3,996(税込)
    LLサイズ¥4,212(税込)

送料・代引き手数料 ¥1,000

S-1B,S-2と同時注文の場合送料はかかりません。
アノラックスーツのみの注文の場合は、
送料と代引き手数料合わせて¥1,000 となります。(離島を除く)
雨天用アノラックスーツ

放射能防護服について

当店で取り扱っている放射能防護服は、耐水圧1,000mm以上を有しており、小雨を浸透させません。
防護服の他に綿手袋、汚染防護ゴム手袋、シューズカバー、ケミカルテープが一式セットになっているため、
全身を放射性物質からガードします。

特徴

化学薬品の耐透過性が高い。
縫製部をテープシールし補強と防護性を高めている
耐水圧2,000mmAqの高い撥水性
焼却処分してもダイオキシンが発生しない。

物性データ

項目 当店の防護服 測定方法
基本物性 目付 60g/㎡ JIS-L1096
厚み 0.4mm
引張強度 7.4kg/5cm JIS-L1096
カットストリップ法
7kg/5cm
引張伸び 35
33
引裂強度 1.4kg/5cm JIS-L1096
シングルタング法
1.6kg/5cm
バリア性 通気度 1.1cc/㎠/sec フラジール法
透湿度 7000g/㎠/24hr JIS-1099
耐水性 2000mmAq JIS-1092
電気特性 表面抵抗値 >1015Ω JIS-K6911準拠
2.9×1010Ω

※数値は実測値であり保証値ではありません。

耐薬品性能データ

標準試験液 当店の防護服
耐浸透性 耐透過性
アセトニトリル 3 6
アセトン 3 5
酢酸エチル 3 6
ジエルチルアミン 3 6
ジクロロメタン 3 6
N,N-ジメチルホルムアミド 3 6
水酸化ナトリウム水溶液50% 3 6
テトラクロロエチル 3 6
テトラヒドロフラン 3 6
トルエン 3 5
ニトロベンゼン 3 6
二硫化炭素 3 6
ノルマルヘキサン 3 5
メタノール 3 5
硫酸93.1%溶液 3 6
浸透

目止めしていない防護服に縫目、ファスナーの隙間などを通過する
非分子レベルで防護服素材に対する物質の挙動。

JIS等級 浸透指数
3 1以下
2 5以下
1 10以下
透過

有害物質によっては防護服素材に劣化、浸透が見られなくても
分子レベルで防護服素材を通過し、皮膚に経皮吸収される。
この分子レベルでの防護服に対する物質の挙動と経過とを定義する。

※破過時間
透過速度が0.1μg/㎠/minに達すまでの時間。

当店で取り扱っている
放射能防護服のJIS等級は最高ランクの6級!

TV・新聞など報道でよく目にする
白地に青い線の入ったタイベック社製の防護服はJIS等級2級に該当。
安全のレベルが違います。

JIS等級 破過時間
6 480分以上
5 240分以上
4 120分以上
3 60分以上
2 30分以上
1 10分以上

注意!

表面に付着した放射性ダスト・液体から発生する放射線は、防護服を透過してしまいます。
人体への表面汚染防止と吸入による内部被曝防止の目的で使用してください。
なお降雨による水滴の侵入及び頭部保護にはヘルメットとアノラックスーツを併用して下さい。

茨城県那珂郡東海村のウラン加工施設において臨界事故が発生し
事故直後に、事業所周辺の空間線量率が平常値の7~10倍に上昇しました。
紹介した保護具は、事故直後の現場内部へ入るために使用するものではありません。
交通整理にあたる警察官、告知カーに乗っている自治体職員、取材にあたる記者の
事故施設周辺の住民の皆様の安全を確保するための最低限の装備と認識してください。
急性障害の場合一定レベル以下なら影響が出ない値→しきい値がありますが
晩発性障害の場合しきい値がないとお考え下さい。

放射性物質の蓄積しやすい部位

甲状腺-------ヨウ素
肺-----------プルトニウム
肝臓---------コバルト・セリウム
腎臓---------ウラン・ルテニウム
生殖腺-------セシウム・プルトニウム
筋肉---------セシウム
骨-----------ストロンチウム・ジルコニウム・プルトニウム
皮膚---------クリプトン

これらの放射性物質は体が有害なものと認識できず体内に蓄積してしまいます。
ヨウ素131は非放射性ヨウ素と認識 ストロンチウムはカルシウムと化学的性格が似ているため必要なものと認識
体内に必要な元素としてみなされてこれらの物が蓄積されていきます。

「なにをもって安全かは、ご自身の判断となります。」

放射能・放射線とは

放射線にはアルファ線、ベータ線、ガンマ線、X線、中性子線等があります。
放射能とは、これらの放射線を出す物質(放射性物質)のことをいいます。

アルファ線は、透過力が弱く空気中でも数センチしか飛ばず、紙一枚で止まります。

ベータ線も体の中では、2センチ程度しか進まず金属板で止まります。

ガンマ線は厚さ20~30センチのコンクリート壁でもかなり透過します。

中性子線は厚さ20~30センチのコンクリート壁で殆ど弱まることなく透過します。

放射線の人体への影響は下記に大別されます。
表面汚染は、体の表面に放射性物質が付着することで、そこから放射される
放射線をあびることで障害がおきます。

内部被曝は放射性物質を呼吸時・飲食時に口や鼻からまた傷口等から体内に
取り込んでしまうことにより体の内部から放射線をあびることにより起こります。

外部被曝は、放射線を身体の外部から受けることで、この場合透過力の大きい
X線、ガンマ線、中性子線は、身体組織全体に影響を与えますが、
ベータ線は、透過力が小さいため、皮膚及び眼球への影響が主となります。

被曝量スケール

被曝量スケール

福島原発放射能拡散シミュレーション結果